長女気質を辞めたらシンガーになれた話

・メルマガ小冊子プレゼント 「人前でアガらなくなる!マインドブロックを外して、歌も人生も楽になる方法
メールレッスンご登録はこちらから!

20代の頃に一度、大病をした事があります。

耐えられない程の腹痛が続き、通院しながら鎮痛剤で抑えながら仕事をしていました。

大学を出て当時はOLだったんですよ^_^

痛みの発作より増して段々身体が重くて動けなくなり、

出勤中のバスの中で、突然、「もう無理かも」と思って帰宅して吐血。

そのまま全く動けなくなり、救急病院へ。

医師から

母には「危篤です。」と告げられたようです。

精神的にもボロボロで、その言葉に驚きもしませんでした。

結局開腹手術をして私には大きな傷が残りましたが、命は助かりました。

体重は今のマイナス20kg笑。

おば様だらけの病棟に20代は私だけ。

「若いのにね~かわいそうに」って言われるのが嫌でいつも金網の張り巡らされた(自殺防止の)屋上でボーッとしてました。

心配して担当医が見に来てくれるんです。
そして何気なく言ってくれました。
「僕に任さんですか?(博多弁で任せませんか?)

命は自分のものやけど、自分でどうにもできんとですよ。人に頼っても甘えてもいいやないですか。独りじゃなかです。

何もかんもブチまけて、僕に任さんですか?」

ガチガチの長女気質だった私。
人に迷惑をかけまいと全部自分でやろうとしてカラ回りするタイプ。

入院しても誰にも心は開かず、でも気は使ってました。
残した仕事のことばかり気になって。

その担当医の言葉でパンパンだった心が決壊しました。
人前で泣いたのも初めてだったかもしれません。

身体が動かないと人にやってもらうしかないんです。

その屈辱と辛さを知ると共に、人に頼ったり甘えても迷惑かけてもいい、いつか恩返しすればいいと考えられるようになったんです。

もし元気になれたら、好きな事をして生きようとその時決めたんです。

音楽がしたい。歌いたい!と٩( ᐛ )و

あの時病気にならなければ、あのお医者様に会わなければ、

未だに自分のやりたい事もせず走り回っていたかもしれません。

今生きている事、起きた事、出会った方々に感謝の気持ちでいっぱいです。

そんな訳で、
人生のどこかで、私のように音楽や歌にスイッチが入った方は全力でサポートしたいんです(^o^)/

そして
あの時の恩返しをしなくちゃ✨✨
それでは、また

小冊子プレゼント付メールレッスン
「人前でアガらなくなる!マインドブロックを外して、歌も人生も楽になる方法
メールレッスンご登録はこちらから!

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です