パワフルシャウトのロックボイスとジャイアンリサイタルの決定的な違い!?

バンドでロックボーカルを 極めたい!

そんな方がゲットしたいのは、

シャウト!

ではないでしょうか?

でもでも、

激しくシャウトしようとする時、
ジャイアンリサイタル(ボエ〜!)
になってしまっていませんか?

そんな方が レッスンにいらした時の エピソードです。

ロックボーカルを極めたい とおっしゃるAさん。

バンドを始めたばかりです。

歌っていただくと
力任せで怒鳴っているようにしか 聞こえません。

多くの方が 誤解されている事ですが、
真の「激しいシャウト」とは 力まかせにガナるジャイアン声ではなく

あらゆる発声の技術を総動員した
実は喉に優しい歌い方なのです!

Aさんにもそれを説明し、
正しい発声で力まずに 喉に負担をかけずに シャウトする方法の入門を レクチャーしました。

しかし、

「こんなに楽じゃロックじゃない気がする」

と、腑に落ちないご様子。

録音して聴いていただきましたが、
ピンと来ないようで、 やはり歌い方を 変えたくないようでした。

でも、 60分のレッスンも持たないのです。 喉が。

喋る声すら掠れてしまう。

結局、後日ライブで他の方からも
「ジャイアンみたい」 と指摘されてショックを受け、

Aさん自身もライブ中盤から 喉の調子が悪くなり、

このままではまずい と気付いたようでした。

その後、 正しい発声で基礎からやり直し、

「力でなく正しい発声法で パワーを出すこと、
楽に歌っても  パワーは落ちないこと、
がわかってきました!」

とご感想を頂きました(*’▽’*)

パワフルにシャウトしたいなら、
まずは安定したブレスを できるようになるところから 始めましょう!

安易にガナって喉を壊しては 元も子もありませんよ。

急がば回れ、ですね!

◆メールレッスンURL◆
PDFプレゼント!

http://tanosinger-youseicoach.jp/nop1/index.html

◆LINEお友達登録よろしくです!◆
ボイトレ動画プレゼント!

友だち追加

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です